スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「雑誌の写真は無修整」と宣言したデミ・ムーア(Demi Moore)カメラマンが「無修正のはずがない」とコメント

2009年11月26日
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

demi-moore-7.jpg

・芸能アイドル⇒[l情報]

雑誌Wの2009年12月号の表紙を飾っているデミ・ムーアの写真が物議をかもしだしている。表紙のデミは47歳とは思えない美しさとプロポーションで写っているが、修整を加えすぎとの非難がインターネットで出ている。

アクセス・ハリウッドによると、一番多いのが、お尻の左側を大きく消しているという内容。これに対しデミは、修整前の写真をツイッターで公開し、「わたしのお尻はもともとこうなの!この写真はものすごく気に入っているし、一日中、こんな感じで照明を当ててもらいたいわ。文句を言っているやつらにだまされちゃダメよ。お尻部分は修正していない。最近は細いの」とコメントしている。

雑誌Wのスポークスマンは、「カメラマンはデミ・ムーアの写真に普段以上の修整は加えていません。デミはたぐいまれな美ぼうの持ち主で、表紙の写真はそれを象徴していると思います」と言っている。

そして反論したデミに対し、問題となっている写真を撮ったカメラマンが「無修正のはずはない」とコメントを出した。

WENNによると、このカメラマンはコメントだけでなく、デミに対し一種の賭けを申し出たという。「自分を擁護しているデミを見ると気の毒に思う。ほかの人のミスを彼女が弁護する必要はないはず。この問題に関しては、彼女ではなくW誌が対処するべき」とカメラマンのアンソニー・シトラノはゴシップ・ブロガーのペレズ・ヒルトンに語っている。

「しかし、彼女が無修正だと主張する写真をネットに掲載したことで問題はとても大きなものになってしまった。僕も含めて、『奴らにだまされちゃいけない』なんて言われるとね。どこを修整しているかに関係なく、彼女がネットに掲載した写真が無修正なんてことはありえない。だましてるのはどっちだっていうことになる。あの写真が無修正じゃないことを彼女も認識しているはず。逆に無修正だと証明できれば、彼女の希望のチャリティに5000ドルを寄付するよ」と挑発的な態度にでている。

このカメラマンの賭けに対し、W誌とデミのスポークスマンはコメントを出していない。


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

・芸能ニュース画像・動画情報⇒[RANKING]

雑誌W・2009年12月号表紙
demi-moore-1.jpg

demi-moore-2.jpg

demi-moore-3.jpg

demi-moore-4.jpg

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。