スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コートニー・ラブ(Courtney Love)DVで親権を失った?

2010年01月02日
courtney-love-001.jpg

・芸能アイドル⇒[l情報]

ロック・バンド「ニルヴァーナ」のフロントマン、故カート・コバーン(Kurt Cobain)との間に生まれた愛娘フランシス・ビーン・コバーン(Frances Bean Cobain)17歳の親権を失い、その後、接近禁止令を命じられたシンガーのコートニー・ラヴ(Courtney Love)について、新情報が浮上した。

12月22日に裁判所に提出された書類によると、「家庭内の私的問題」に関する疑惑が存在するとのこと。芸能ゴシップサイト「TMZ」は、「未成年と家庭内暴力疑惑」について記された書類のコピーを入手したと報じている。

問題の書類には、家庭内暴力の内容や加害者は明記されていない。裁判所は12月11日にコートニーからフランシスの親権を剥奪。その後、フランシスとの一切の連絡を禁じる一時的な接近禁止令を発令した。この中では、「特定の行為と、フランシス及び保護者(註:祖母と叔母)と一定の距離を保つこと」が義務付けられているが、理由は発表されていなかった。

TMZが掲載した書類には、「この訴訟では、全ての書類がフランシスと母親の関係に関する詳細を明かすことになる」として、フランシスのカルテの封印も要求している。

フランシスは現在、父方の祖母と叔母の保護下にある。コートニーはこの件に関して正式なコメントこそ発表していないが、SNS「Facebook」上に娘や義理の母への不満を複数回に渡って書き込んでいる。

記事のつづき、画像は↓のつづきにあります。

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
・芸能ニュース画像・動画情報⇒[RANKING]
SNS「Facebook」にコートニーは12月15日に掲載した長文メッセージの中で、娘フランシスについて「常に正直ではない」「明らかにだまされている」と綴り、亡くなった夫カート・コバーンの母親ウェンディー・オコナーと暮らすという娘の決断を斬った。

「(フランシスは)自分が大金を所有していると思っているけど、彼女の金は全て私が所有しているのよ。どうでもいいわ。冷たい人間だと思われるのは嫌だけど、こんなことをするガキにもう居場所はないの」とコートニーは綴ったとされている。

「朗報としては、フランシスは明らかに騙されていて、おばあちゃんのために"LAの小さな家"を買おうと思っているわ。そんなことができるのか、見せていただこうじゃないの。あの人たちは18歳になるまで彼女を培養して、それから補償契約書にサインさせるのよ」。

コートニーはその後、このメッセージを削除したが、複数のファンが転載している。さらにセレブリティ・ブロガーのペレス・ヒルトンはこのメッセージに関して、「まあ、これぞポジティブな子育てよね。おばあちゃんと暮らそうというフランシスの決断は明らかに正しいわ」と辛らつなコメントを自身のブログに掲載した。

ペレスはまた、コートニーの別のメッセージを掲載。フランシスは「悪い人に囲まれた」「素晴らしい子」で、オコナーと生活することで「あなたの父親を殺した」家庭内騒動に巻き込まれると忠告している。

だが、コートニーいわく2つのメッセージは無関係で、2つ目のメッセージは「個人的な手紙」からの引用とのこと。それらを一緒に掲載することは、自身とフランシスさんの名誉を棄損したことになると主張した。

「嘘ついたわね。あんたなんか大嫌い。この、デブな嘘つき」とコートニーは12月15日夜、Facebookに新たなメッセージを掲載した。「あの一部は私の個人的な手紙で、他の部分は出まかせよ。違法なことだわ」。

ペレスはコートニーのコメントについて、MTV Newsに対して文書でコメント。「リンジー・ローハンのように、コートニー・ラヴにも幸運を祈るばかりです。彼女は妄想的でクレイジーだけど、アタシは彼女が大好きだし、アナ・ニコール・スミスのように終わってほしくはありません」と述べた。現時点で、コートニーの事務所からコメントは届いていない。

コートニーは12月16日未明、再びFacebookに別のコメントを掲載。今度は融和的なトーンで、この辛い時期をサポートしてくれるファンや友人に感謝の意を述べた。

「人生でこんなにたくさんのメールをもらったことはないわ。全ての友人に感謝します。みんなが居て、本当に嬉しいわ。それに心配をかけているフラニー(フランシスの愛称)のお友だちへ。彼女は馬鹿ではないわ。ただ、間違った人々を信用してしまって、騙されてしまっただけよ」とコートニー。

「彼女は自分の置かれた馬鹿げた状況に自ら気づくはず、賢い子だもの。この先、すごく一生懸命にならなければならないし、彼女はそれには慣れていないわ。でも、信頼しているの。私は娘を愛している。彼女は残酷な人ではないわ」。

米「アス・ウィークリー」誌によると、裁判所は12月16日、コートニーに一時的な接近禁止令を言い渡したとのこと。これによりコートニーは、フランシスと2人の保護者と接触することを禁じられた。

またカートの母ウェンディー・オコナーと妹のキンバリー・ドーン・コバーンは、フランシスを保護するために、訴訟は非公開で進められるべきだと主張している。接近禁止令の永久化を求める公判は1月5日に、後見人の選任の永久化を求める公判は2月10日に、それぞれ予定されている。

courtney-love-002.jpg

courtney-love-004.jpg

courtney-love-005.jpg

courtney-love-003.jpg

応援クリックおねがいします m(_ _"m)ペコリ.
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
・芸能ニュース画像・動画情報⇒[RANKING]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。